• facebook
  • Twitter
  • instagram

2019年11月26日

F-1GP2019 年間優秀店舗【5】府中っ子居酒屋 燻し家もっくん(前編)

今年も開催された年に一度の「また来たい」No.1を決める祭典、F-1GRAND PRIX(以下F-1グランプリ)。F-1グランプリ2019の店舗部門では、約1年間「また来たい」に関して、様々な指標を用いて全店舗でランキング。最も「また来たい」を創り出した代表8店舗を各業態から選出し、F-1グランプリの当日に、最優秀店舗の座をかけて成果発表会でプレゼンテーションバトル!!その選び抜かれた8店舗が、どのようにして「また来たい」をつくりだしているのか「また来たい」につながる取り組みやエピソードを店長の松島さんに語っていただきました!

地域に根差した、「毎日でも通えるお店」

燻し家もっくんは、『地域で一番愛される繁盛店を作り続ける』ことをブランド目標に、リーズナブルで旨い本格的な燻製料理を提供している居酒屋です。

コンセプトワードになっているのは、「居心地の良さ」や「敷居の低さ」。料理人が作る温かみのある旨い料理はもちろんのこと、スタッフ一人ひとりの人懐っこいおもてなしによって、まるで家に帰ってきたかのような落ち着きと親しみを感じていただける場所でありたい。そして、毎日でも通いたくなるような日常的なお店でありたい。そんな、地域に根差した、地域のお客様に愛されるお店を目指し、日々お客さんをお迎えしています。

仲良くなる“きっかけ”を意識的につくる

府中店では、『府中イチ笑顔でいれるお店』を店舗理念に、お客さんとスタッフとの距離の近さをとても大事にしてきました。ここで言う「笑顔」とは、お客様の笑顔であり、府中店で働くスタッフ一人ひとりの笑顔でもあります。お客さんとスタッフとが仲良くなり、笑顔でコミュニケーションを取れるようになれば、それはお店の活気にも、お客さんの「また来たい」にもつながると思っています。

そのために心掛けてきたことは、お客さんと店員とが仲良くなれるきっかけづくりです。スタッフが絡みに行くだけではなく、お客様からもスタッフに話しかけたくなるような、ある種の“いじられ待ち”とも言える仕掛けが府中店にはいろいろあるんです。アルバイトスタッフ手作りの店内POPや、各種キャンペーン、スタッフたちの服装や髪型などもその一環。お客さんの印象に残ることが、まずは何よりも大切だと考えていますし、スタッフ全員が、その“きっかけ”を意識しながら日々の営業に向き合っています。

“いじられ待ち”から会話のキャッチボールにつなげる

府中という地域に合わせた取り組みとも言えるのですが、例えば「負け馬券でドリンク一杯サービス」などもそのひとつ。地域のニーズに合わせて、どんなことをやってみたらお客さんに興味を持っていただけるかを考えることが、お店の差別化につながると考えてきました。

その他にも、わざと派手な服装で接客をして、お客さんから「そのTシャツなに?」と話しかけていただくような工夫も。そこで「これは●●って書いてあって」って話ができれば、それだけでコミュニケーションにつながる。ある種の“いじられ待ち”から会話のキャッチボールができれば、お店やスタッフがお客さんの印象に残ります。実際に、スタッフたちには、個性的な服装で仕事をしようって言ったりもしていますね。これは、自分からお客さんに絡みにいくのが苦手なスタッフが、お客さんとコミュニケーションをとるきっかけにもつながっているんです。

府中店は、まだまだ新しいお店です。その分、まだまだ新規のお客さんを常連さんにできるチャンスがあります。そのために、まずは何回か来てくれているお客さんをターゲットに、積極的にお店の良さを伝えるようにしてきました。「こんな燻製料理がおススメです」「飲み放題もありますよ」など、積極的にスタッフがコミュニケーションをとったことで、お店を好きになってくれる方や、スタッフに会いに来てくれる方が増えました。

気づけば、お客さんから愛される存在になっていた

とあるアルバイトさんが卒業するとなった時、その人の最終出勤日に、多くのお客さんがお店に駆けつけてくださいました。

「いなくなったら寂しいよ」
「辞めたらもう来れなくなっちゃうなぁ」

と言っていただけているのを目にして、それだけアルバイトさん達がお店づくりに、そしてお客さんにしっかり向き合ってくれてたんだなと改めて実感しました。それはもちろん本人が頑張ってきた成果でもあります。お店を離れてしまうのはさみしいことですが、それだけお客さんから愛される存在になれていたことをとても誇りに思いましたし、これからも一人ひとりのスタッフがそんな存在を目指していきたいと思っています。【後編に続く】

  • facebook
  • Twitter
  • instagram