Hi-Five web(ハイファイ) > ミセ > 店舗情報(紹介) > ひととき _____ 第四話 ”武蔵野市吉祥寺” 燻された愛

ひととき _____ 第四話 ”武蔵野市吉祥寺” 燻された愛

 

 

ハレの日が続く4月

今日の吉祥寺はハレが人口密度をあげていた

 

 

16:00 pm

 

遅刻党の姉が珍しく

待ち合わせの場所に着席している

 

2月ぶりの姉は髪を染め、

化粧もいつもより5分程

手間をかけた面をしていて

”ガール濃度”をあげていた

 

 

 

____________________________

 

 

 

WiFiが切れる

 

記事の原稿を書いていた私たちの作業も途切れ

 

仕事が進まないとの言い訳を薄くなったコーヒーに溶かして

 

”吉祥寺のカフェで納期に終われる休日”

 

の番外編をフライング気味に始めた

 

 

 

_____________

 

 

 

 

吉祥寺駅北口から徒歩で3分程

 

男の情熱が漂う異様な空間を抜けるとその店は違和感なく佇んでいる

 

 

” 吉祥寺っ子居酒屋  燻し家 もっくん ”

 

 

 

美味い燻製と焼き鳥のお店だ。

燻製の香りが私たちの鼻を.心を.くすぐる

 

男のスタート地点である吉祥寺の夜の街から

私たちの休日の第二部の幕開け

 

 

 

 

______________________

 

 

 

 

店内は昭和の歌謡曲が似合う木造建築

カウンターと座敷とテーブル

 

広い空間の店内で私たちは

ハイボールとビールを注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSの広告媒体並みにさらっと出てくる

大ジョッキ

 

いいねが5つ.

 

 

 

 

_________________________________

 

 

 

 

姉との肴に選んだのは

”燻製盛り”

好きなネタを10種類から選べる

燻製の詰め合わせだ

5種類で人数分が盛られ¥590

 

 

 

 

 

 

ここでは燻製料理も桜も満開

 

話の蕾もアルコールが速度をあげて咲き誇っている

 

 

 

__________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちが座るテーブル席は調理場が近くよく見える

燻製料理の生ライブ感覚だ

 

 

 

次に運ばれてきたのは

 

 

期間限定    ”イカゲソの天ぷら”

 

 

 

 

 

 

ピンク色のソースが燻されていてまた良い

 

私たちの沈黙もピンク色に染めてくれた

 

 

 

 

______________________

 

 

 

 

 

話が9部咲きに開花したところで

今日はお開き

 

スタッフさんが花粉症の私に気づいて

飴ちゃんの代わりに自前のマスクを2枚くれた

 

 

 

 

美味しい料理にちょっと濃いめのお酒

 

店内のあちらこちらに美味しい愛が散りばめられ

 

最後にホスピタリティのかたまりの花束を渡された

 

 

 

 

” 吉祥寺っ子居酒屋  燻し家 もっくん ”

 

 

 

 

 

 

 

ここは全国どこよりもはやく満開を迎えていた

 

 

もらった花束はドライフラワーにしよう

 

 

 

 

 

 

オワリ

 

________________________

 

 

 

 

◇住所

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-22-1 柏栄第3ビル 1F

◇アクセス

JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅北口徒歩3分
でっかいヨドバシカメラさん裏10秒
吉祥寺駅からダッシュで70秒!!

吉祥寺駅から226m

◇営業時間

17:00~翌8:00(L.O7:30) ※日曜営業

◇予算

普通の人¥2,000~¥2,999

大食いの人¥3,000~¥3,999

 

一緒に”楽しい”を追求したい方、募集中です!

新卒採用 キャリア採用

Author Profile

HiFi編集部

Hi-Five webはファイブグループで働く『ヒト』を中心に、 インタビュー記事やお店、会社のイベントや制度までもお届けするウェブマガジンです。 もちろんお店に関することやフレッシュなニュースも発信しています。 お見逃しなく!