Hi-Five web(ハイファイ) > ミセ > 店舗情報(紹介) > 【錦糸町】錦糸町にある燻製の店?一大歓楽街で異彩を放つ『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』

【錦糸町】錦糸町にある燻製の店?一大歓楽街で異彩を放つ『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』

【錦糸町】錦糸町にある燻製の店?一大歓楽街で異彩を放つ『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』

各地のイケてる居酒屋、飲食店を紹介している、iDeA潜入班。 
今回足を運んだのは、東京における一大飲み屋街、錦糸町。 
そこにあるのは、一人飲みから宴会まで対応できる、一風変わった「燻製」の店「錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん」。 
イケてるやつなら男も女も、抑えておくべきお店じゃないの? 
(取材日:2018年9月3日)

一人から大勢まで使えるお店をチェック

iDeA潜入班が今回向かった場所、それは東京でも有数の歓楽街がある錦糸町だった。 
ミッションは「一人でも大勢でも楽しめる店」を探すこと。 
しかも、「何か突出した個性があるメニューを出す」という条件も含まれている。 

少々難しい条件に思えた我々が見つけた店、それが『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』。 
まずはメンバーが単身、潜入を試みた。 

錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん

  • 最寄り駅:JR総武線 錦糸町駅 南口 徒歩1分 地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩1分 地下鉄 住吉駅 B2番出口 徒歩3分
  • 住所:東京都墨田区江東橋3丁目8−14 第 一 錦糸 ビル 5F
  • 電話番号:03-3635-5055
  • 休業日:年中無休
  • 営業時間:17:00〜翌5:00

このお店を電話で予約するこのお店の地図を見る

錦糸町南口から徒歩2分

錦糸町駅に降り立ち、南口からロータリーに出る。 
相変わらず、人の多い街だ。 
そこから、大通り沿いに南へ歩くと、程なくして『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』への入り口があった。このお店を電話で予約するこのお店を地図で見る

カウンターあり座敷あり、落ち着いて過ごせる店内

お店に入ると、手作りのような数々のポップや装飾が目に入った。 
手書きメニューからは温かみが感じられる。 
カウンターから座敷席まであって、テーマだった「一人でも大勢でも楽しめる店」にはマッチしているだろう。 
今回は1人だったのでカウンター席にしようかと思ったけど、あえて2人用のボックス席に着席。 

おつまみと共に、一人しぶく日本酒をいただく

「くどき上手」 600円(税抜)

「くどき上手」 600円(税抜)

飲み物の種類はたくさんある中で、今回はポップメニューにあったおすすめの日本酒を注文。 
その名は「くどき上手」。 
彼女いない歴○○年なのに。 

名前への違和感はともかく、味はやや辛口ながらすっきりとしていて飲みやすい。

「うまいチャンジャ」 390円(税抜)

「うまいチャンジャ」 390円(税抜)

おつまみとして、チャンジャを注文。 
ピリ辛かつ濃厚な味わい、こりこりとした歯ごたえは、たしかにうまい。 
お酒が進む、一人飲みには最適な一品と言えるのではないだろうか。 
気がつけば、お皿も空になっている。

「蒸し鶏ポン酢」 390円(税抜)

「蒸し鶏ポン酢」 390円(税抜)

こちらは「蒸し鶏ポン酢」。 
肉厚の鶏肉を蒸し上げ、さっぱりとポン酢でいただく。 
こちらもお酒にはよく合う、あっさりとした味わいだ。 

ちなみにこのメニュー、お店のLINE@に登録することで、無料でサービスをしてくれた。 
お得なので、おすすめだ。

ここでなんと、焼き鶏登場。 
実はこの系列のお店には行ったことがあり、それを伝えたところ、サービスで出してくれた。 
ぼんじりとつくねを塩で。 
脂がのっていながら、塩味なのでさっぱりと食べられるのがうれしい。このお店を電話で予約するこのお店を地図で見る

燻製は店内の燻製器でメイキング!

『燻製5種盛合わせ』 590円(税抜)

『燻製5種盛合わせ』 590円(税抜)

そしてこのお店の名物、燻製の登場である。 
今回は5種盛合わせを注文。 
内容は、豚タン、塩レバー、ラムを指定し、あとの2種はお任せにしたところ、うずらとソーセージを出してくれた。 
自分で選べるし、お任せも可能とのことだ。 

豚タン。 
歯ごたえがよく、噛むと豚肉の味わいが口の中に広がる。 
燻製することによって、旨味が増幅しているようだ。 
ほのかな燻製の香りも楽しめる一品。

さらに燻製の濃縮さを楽しめるのが、うずら。 
通常と比べ、黄身の味わいがさらに増している感がある。 
一口サイズで、ちょいとおつまみ感覚で食べられるのもうれしい一品だ。 

その他のメニューも、白レバーは濃厚かつクリーミー、ラムは独特の臭みが抑えられていておいしく食べられ、ソーセージはマスタードと絶妙にマッチする。 

これらの品は、盛り合わせはもちろん、単品でも290円(税抜)から頼めるので、いろいろ食べ比べてみると面白そうだ。

店員さんに聞いたら「全部お店で燻製しているんですよー」。 
特別に、店内の燻製器を見せてもらった。 
中には、いろいろな食材がぎっしり。 
ここから、お店が誇る燻製メニューが生まれているのだ。

酒飲みを唸らせる、さらなるおつまみ

「漬けキノコ」 390円(税抜)

「漬けキノコ」 390円(税抜)

あてがなくなってきたので、追加でおつまみを注文。 
「漬けキノコ」は、キノコを燻製にして仕上げた一品で、内容はエリンギ・しめじ・まいたけ・えのき。 
キノコの燻製というのはあまり聞かないが、汁が染み込み、お酒が進む。 
秋らしさを感じるのにも、いいかもしれない。 

「バカうまそら豆 」290円(税抜)

「バカうまそら豆 」290円(税抜)

そして、今回ぜひ推したいのがこの「バカうまそら豆」。 
軽く揚げてあって塩加減が絶妙。 
カレー風味のような感じがあったのだけど、これはスパイスや花山椒によるものらしい。 
まさにバカうま、酒飲みにはたまらない味つけである。

一度は食べてみたかった、仙豆が290円とは…(笑)確かに、体も元気でそう!!

「カボチャのチーズケーキ」 290円(税抜)

「カボチャのチーズケーキ」 290円(税抜)

お腹がいっぱいになってきたので、締めのスイーツへ。 
「カボチャのチーズケーキ」、これも燻製して仕上げているらしい。 
チーズの風味、ほんのりとしたカボチャの味、そして甘すぎない感じが、お酒を飲んだ後にはちょうどよかった。

遊び心のあるサービス!

燻製料理、そして日本酒と、お店を堪能することができた。 
しかし、このお店の魅力はそれだけではなかった。

食事中、店員がおもちゃを持って席をまわってきた。 

「平日の17時から19時限定で、ゲームをやって僕に勝つと、メニューにないおつまみをサービスしているんです!」 

デメリットはないのでさっそく参加・・・しかし、負けてしまった。 
ただ、こうして店員とコミュニケーションが取れるのは、古き良き居酒屋、という感じがして楽しい。 

もうひとり、店員さんと軽く話をしてみた。 

「メニューはスタッフみんなで考えて案を出し合うんです。毎シーズン30種類くらい候補を出して、その中から7、8品を採用する感じ。自分たちでメニューを作っていけるのはすごく楽しいですよ。他のお店にないメニューもあるので、ぜひまた来てください!」 

もちろん、ぜひまた来てみたい。

帰り際には、サービス券入りの燻製ナッツをプレゼントしてもらった。 

「お客さんに、家で燻製の香りを楽しんでもらいたくて」 

そうしたちょっとした心遣いにも、なんだか心が温まった気がした。

シーンを問わず楽しめる、錦糸町のおすすめスポット!

今回は一人飲みという体で立ち寄ってみたが、デートや少人数での食事、宴会など、使い勝手は非常に良さそうなお店である。 
何より、料理がうまい。 
宴会コースや飲み放題も充実しているので、酒飲みのニーズにもばっちり応えてくれるだろう。 

錦糸町にこんな店があったとは・・・これはぜひ、みなさんに知っていただかなくては。次の休みは『錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん』へ!!

錦糸町っ子居酒屋 とりとんくん

所在地
東京都墨田区江東橋3-8-14 第一錦糸ビル 5F
営業時間
17:00〜翌5:00
定休日
なし
公式HP
https://izakaya-toriton.jp/toritonkun/kinshicho

予約はこちら

電話はこちら

一緒に”楽しい”を追求したい方、募集中です!

新卒採用 キャリア採用

Author Profile

HiFi編集部

Hi-Five webはファイブグループで働く『ヒト』を中心に、 インタビュー記事やお店、会社のイベントや制度までもお届けするウェブマガジンです。 もちろんお店に関することやフレッシュなニュースも発信しています。 お見逃しなく!