• facebook
  • Twitter
  • instagram

2019年2月13日

1/28オープンの「横浜っ子燻製居酒屋とりとんくん」、まさかの10円で盛合せが!

横浜っ子燻製居酒屋とりとんくんが1月28日にオープン

1月28日に、横浜っ子燻製居酒屋とりとんくんがオープンした。自前の燻製室でたっぷり10時間燻製したつまみの数々は一度食べればやみつきという。そんな盛り合わせのお得なセットも期間限定で用意されているそうだ。

はたしてどれほどのものなのか。実際に足を運んでみた。

中は広々で落ち着ける雰囲気

落ち着いた照明とゆったりとした座席もある。団体利用でもぎゅうぎゅうな思いはしなくてよさそう。

カウンターにも席がズラリ。一人でも気軽に飲めるぞ。

店長が語る「色んな優しさの塊のようなスタッフたち」

たいち店長に意気込みを聞いてみた。

たいち店長「自分はオープンを担当するのは二度目ですが、今まで下北沢や渋谷をやってきたので横浜の空気に馴染んでいければなと思っています。スタッフは色んな優しさを集めました。バンドをやってたり、夢に向かって頑張ってるような個性的な子ばかりですよ

気遣いのできる面々だという。それは居心地が良さそうだ。更に、店のウリも聞いてみる。

たいち店長「やっぱり燻製ですね。10時間燻製したことで、他ではない味わいを楽しむことができます。これは試してほしいです」

燻製おつまみがオススメと聞けば、食べねばならぬ。
ということで、実食タイム。

オススメの逸品 その1
「燻製ポテトサラダ」

とりとんくんの定番メニューであるポテトサラダ。刻まれたベーコンが良い味を出す。

口の中で燻製の香りがふわっと広がっていくのは一度体験してほしい。

オススメの逸品 その2
「燻製炙り〆さば」

炙りしめ鯖といえば、多少は生臭さを感じるものだ。しかし、燻製されたしめ鯖にその嫌な感じはない。

さっぱりとした味わいだが、噛みしめればどんどん旨味が染み出してくるのが嬉しい。下に敷いたネギと一緒に食べれば旨さ倍付け。

添え付けのレモン、辛子、醤油は全てを混ぜて食べるのもアリ。旨味ー。

オススメの逸品 その3
「燻製豚バラと鶏むねのしゃぶしゃぶ」

先に野菜をいれてしまってから、しゃぶしゃぶするのが通の食べ方。

店で切り下ろした豚バラ肉や鶏むね肉は超厚切りで食べごたえバツグン。
しゃぶしゃぶせずにちょっと茹でたくなるほどのボリュームだ。

煮れば煮るほど燻製がダシに馴染んでいくのでシメのうどんのより美味しくなっちゃうぞ。

壁にメニューがずらり

メニュー表の他、メニュー自体は店内のあちこちに貼られている。眺めながら決めるのも乙かも。

今なら10円で燻製5種を楽しめる

燻製5種盛り合わせが2月28日まで、なんと10円で提供。安すぎる。とりとんくんで食べてほしくて、かつ、誰でも食べやすい選び抜かれた燻製おつまみ5種類が一皿の上に。

気になるメニューは、うずらのたまごにいぶりがっこ、サーモン、ソーセージ、そしてチーズだ。

ソーセージやチーズ、いぶりがっこは燻製で水分が抜けて、旨味がマシマシ。サーモンは冷燻で作っており、レモンをかければ塩味がちょうどよくなるぞ。そして麺つゆとミリンに漬け込んで4時間燻製したうずらのたまごがまた美味しい。

これが10円。価格破壊にもほどがあるぜ…。

横浜っ子居酒屋 とりとんくん

所在地
神奈川県横浜市西区南幸2-17-1 南幸共同ビル 6F
営業時間
17:00~翌5:00
定休日
なし
公式HP
https://izakaya-toriton.jp/toritonkun/yokohama

予約はこちら

電話はこちら

横浜っ子居酒屋 とりとんくんで働く

  • facebook
  • Twitter
  • instagram
とりとんとりとんくん居酒屋横浜燻製