• facebook
  • Twitter
  • instagram

2019年5月20日

あの師匠もびっくり!? いま吉祥寺で人気のレストラン「洋食 大野亭」のハンバーグが熱すぎる!

吉祥寺グルメで押さえておきたい名店「洋食 大野亭」

毎年発表される「住みたい町ランキング」で常に上位にランクインしている吉祥寺。そんな吉祥寺で今、人気沸騰中のハンバーグがあるんです。吉祥寺といえば大型ショッピング施設や商店街が充実し、おいしいお店がひしめき合っていて、友達とのランチやデート、家族でのお出かけにぴったりな街。「アーケードで食べ歩きして新緑の井の頭公園でほっとひと休み」も素敵ですが、せっかくならきちんとしたレストランでこだわりの一食をじっくりと楽しみたいところ。というわけで、噂の「洋食 大野亭」のハンバーグを実際に食べに行ってきました!

「おいしすぎる」と噂のハンバーグを食べられるのは吉祥寺駅北口から徒歩数分の「洋食 大野亭」。横断歩道を渡る際は、バスロータリーのおじさんが丁寧に「どうぞ」と案内してくれます。向かって正面に見えるのが「吉祥寺サンロード」。長いアーケード内には洋服屋さんからドラッグストア、書店などなど生活を彩るあらゆるお店が並びます。が、その前で左向け左!こちらにも長~い「ダイヤ街」が続きます。

ダイヤ街を歩くこと、ものの1分でお目当ての「洋食 大野亭」へ到着!ソフトクリームの置物とハンバーグの看板が目印です。「ハンバーグは毎日、朝挽きしています!」というPOPも。これは本当においしそう。期待が高まります!

レストランは地下1階。料理サンプルが並んだショーケースを眺めていると、ローストビーフ丼もおいしそうで、浮気心がちらちらと芽生えます。

煩悩を振り払うように階段を下り、お店のドアを開けると右側に「毎月第1土曜日はハンバーグの日」のポスターが貼られていました。土曜日ではないけれど、やっぱりまずは噂のハンバーグを食べよう、と心に誓います。

スープひとつにもこだわりが凝縮!

席につき、一番人気だというおすすめの「デミソースハンバーグの包み焼き」を注文すると、すぐにジンジャースープが出てきました。洋食屋さんのスープといえばコンソメと味噌汁が定番で、なおかつお店の心意気を感じられるところ。クセがなくどんな料理とも合うコンソメスープは鉄板ですが、味噌汁を出す洋食屋さんにはどこか家庭の温かさがあります。言い換えれば味や接客スタイルにオリジナリティを感じられるところが多い印象です。

さて、気になる「ジンジャースープ」をひと口飲むと、やさしいコクでほっとする味。牛テールで出汁をとったスープにショウガの千切り、小松菜、サツマイモと、何やら小さなプチプチが……これはキヌアだそう。スーパーフードとして知られるキヌアが、味の邪魔をせずに心地よい食感で口の中を泳ぎ、なんだか得したようなうれしい気持ちにさせてくれます。ちなみにこちらのスープはお代わりOKだそう。食前に1杯、食事と一緒に1杯と、欲張りたくなるおいしさです。

絶対に食べておきたいおすすめの「ハンバーグ」を注文!

それから数分で登場した鉄板の上には、パンパンにふくらんだアルミが。このアルミをナイフとフォークで破っていただくそうで、さっそくハンバーグに入刀!ドキドキのご対面です。

中からもうもうと湯気が出て、アルミの上でぐつぐつとソースが騒いでいます。「早く食べて」と言わんばかり。湯気が途切れた先には、ハンバーグの上に肉が!しかも、見るからに柔らかそうです。

切るまでもなく、フォークでほぐれるほどのほろほろ感。口に含むとゆっくりと肉の旨味が広がっていきます。これだけ柔らかく旨味を引き出すのは並大抵のことではないはず。その秘密は、なんと6時間も煮込んでいるのだそう。デミグラスソースと牛バラ肉、文句なしの組み合わせと味わいは、これぞ洋食屋さんといった感じ。ふんわり炊き上げられたライスとの相性も抜群です。熱々のバラ肉を食べ終えると、その下には200gのハンバーグがどっしりと構えています。

表面をさっとグリルして旨味を閉じ込め、オーブンでじっくりと火を入れたハンバーグは、焼き目もお見事!ハンバーグのタネには、牛と豚の合い挽き肉を使用。そこに1時間以上ソテーしたタマネギを加え、つなぎには山芋も入れているのだとか。そして何より「大野亭」のハンバーグはすべて手ごねで作っているだけあり、見るからにふっくら。中からジューシーな肉汁が出てくるのが予見できます。

店員さんの情熱から生まれる美味しさ

こちらのレストランでは毎朝、大きなブロック肉を手作業でカットし、3.5~4kgずつ40分ほどかけてミンチにしているのだとか。そこからさらに1時間ほど、手ごねの作業へ。タネの色と触感、肉の状態を見極めて、ベストな状態になればようやくこね上がり。これを平日でも1日2回、週末ともなると2~3倍、つまりトータル12~16kgの肉がハンバーグに姿を変えているそうです。もはやハンバーグに始まりハンバーグに終わる一日。そんな大量のハンバーグを手作りしながら、他にもメンチカツやオムライス、鮭のムニエルといった多彩なメニューが揃っているから驚きです。

お店の看板に「ハンバーグの旨い店」と謳うだけあり、ハンバーグは噂の通り、まさに絶品。この柔らかさ、弾力、肉切れは、まさに感動のひと言です!あふれる肉汁とデミグラスソースが絡み合い、思わずあの師匠のように「ハンバァーーーグ!」と叫びたくなるほど。鉄板に添えられたベイクドポテト、ブロッコリー、クレソンもソースと一緒に黙々とモグモグ。香味野菜から甘みと香りをしっかりと引き出したデミグラスソースが、肉と野菜の旨味を後押しすること数分、手間ひまかけて作られたハンバーグが跡形もなく胃の中に収まってしまいました。おいしい料理ほど調理時間と食べる時間のギャップが激しく、料理はいつの時代もはかないもの。でもそれ以上に「おいしかった」という記憶と感動が刻まれます。

ハンバーグの他にもこだわりが満載

「ごちそうさま」の気持ちで満たされていると、隣の席から「ジュー」という音が。満腹感そっちのけで覗き見ると「オニオンハンバーグ」のハンバーグに店員さんが「オニオンソース」をかけているところでした。「デミソースハンバーグの包み焼き」と同じハンバーグが熱々の鉄板の上で「食べて食べて」と騒いでいます。湯気の香りだけでもそのおいしさが伝わってきます。

あまりに凝視していたせいか、店員さんが「デミソースハンバーグの包み焼き」と同じくらい人気だと教えてくれました。「次はオニオンハンバーグにしよう」と思いかけたところで、「実は常連さんはポークジンジャーを頼まれる方が多いんですよ」と。なんと「ハンバーグの旨いレストラン」で、常連さんはポークジンジャーをリピートしているのこと。厳選された国産ポークをグリラーで焼いてからオーブンに入れて仕上げるそうで、こちらも手間がかかっています。ハンバーグと同じくらい人気のローストビーフ丼も、低温で8~9時間焼いて薄くスライスしたローストビーフを乗せているのだとか。1日が24時間では足りないほど、どの料理にも手間ひまと細やかな気配りが詰まっているようです。

ランチタイムには吉祥寺のマダムや近隣に勤める方で賑わい、夜になると学生や若い方も増えるそう。ビールやワインといったアルコール類も揃うので、本格的な洋食で晩酌を楽しめそうです。今回訪れたのは平日の15時頃で、満席になるほどでもなく、ゆったりと落ち着いて食事を楽しめました。

行列や待ち時間が苦手な方は、11時の開店直後や14時以降だと入店しやすいようなので、少し早めのランチや遅めのランチで足を運ぶのがおすすめです。またクリームソーダやハニートーストといったメニューもあるので、ランチを済ませてしまった友人と一緒に、というのも良さそうです。飲食店が揃う吉祥寺、その数の多さから迷ってしまいがちですが「おいしい料理を食べたい」ときは「洋食 大野亭」に足を運べば間違いありません!

吉祥寺ランチで本格洋食を楽しむなら

ご紹介した「洋食 大野亭」の情報はコチラから。

洋食 大野亭(公式サイトはこちら)

TEL
0422-22-3650
営業時間
11:00~23:00
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-2 FC吉祥寺ビル地下1階

  • facebook
  • Twitter
  • instagram
吉祥寺 ランチ吉祥寺 レストラン吉祥寺 レストラン 人気