株式会社ファイブグループの関わる全ての
「ヒト・モノ・コト」にフォーカスする公式マガジン(イデア)

  • facebook
  • Twitter
  • instagram
  • youtube

【デート接待におすすめ】新宿居酒屋「お江戸あやとり」で和モダンな炉端焼きを楽しみました

2019年5月16日

新宿でオシャレな炉端焼きとしておすすめの居酒屋

お江戸あやとり (公式サイトはコチラ

TEL
03-6380-2632
営業時間
17:00~23:00
住所
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目18−9 WaMall歌舞伎町 6F

 

新宿のど真ん中、あのゴジラがいるビルのすぐ目の前に、大人デートにピッタリな炉端焼き屋さんがあると聞きつけました。

そのお店の名前は「お江戸あやとり」。お店の名前からして小粋な雰囲気です。 炉端焼きってなんだか、煙がモクモク充満する店内でサラリーマンのおじさま達がホッピー片手にワイワイガヤガヤと盛り上がっているイメージ。でも、その噂のお店は大人のデートにピッタリなオシャレ空間だそう。これは期待大。せっかくなのでデート気分をたまには味わってみようと夫を連れて行ってきました。

エレベーターを降りると色々な種類の日本酒がお出迎えしてくれます。日本酒の好きの夫も「お!」と思わず銘柄をチェック。本物の桜も一緒に飾られていて、おもてなしの心が表れているようなエントランスです。

和モダンな空間

奥に進み、暖簾をくぐった瞬間に「わ~!素敵~!」と思わず足を止めキョロキョロしてしまいました。なぜならば、新宿の喧騒からは想像できない、落ち着きがあってオシャレな空間が広がっていたからです。海外からの観光客にも人気のお店と聞いていましたが、これは日本人でも心打たれる美しい空間だと思います。

まさに「和モダン」。お座敷のライトや襖を模したディスプレイ棚など、我が家のマイホーム計画に取り入れたくなるオシャレさです。 席に案内されてからもキョロキョロは止まらず。とにかく店内装飾が素敵なんです。「あれ可愛い、これ可愛い」の連続です。

予約の席札が折り鶴に挟まってる!

「いらっしゃいませ!」と声をかけられ前を向くと、焼き台に座った男性が、大きくて長いしゃもじでおしぼりを渡してくれました。おもしろい!なんとハンドル操作で座りながら焼き台ごと360°回転しています。オシャレなだけではなく、こんなエンターテインメントな仕掛けがあるなんて!
のっけからテンションが上がりつつあります。

「お江戸あやとり」ではアラカルトでも色々楽しめますが本日は事前予約でおすすめと聞いていたコースを注文しました。

本日のコースは
「黒毛和牛ひれステーキ『極み』コース」

話題の前菜や、「お江戸あやとり」自慢の炉端焼き、さらにA5ランクの国産黒毛和牛が楽しめるプランです。ドリンクメニューを見てみると、なんと飲み放題が1,600円。飲み放題メニューにはプレミアムモルツや様々な果実酒が含まれていてとてもお得です。さらにグレードアップすると10種類の日本酒も飲み放題。たくさんお酒を飲みたい日には飲み放題が断然コスパ良しですね。

まずはビールで乾杯
薄張りのグラスで口当たりがよく美味しくビールをいただけます

最初の一品は、名物「石の芋」

まずは石がいくつか乗った、日本庭園のような一皿が運ばれてきました。この前菜をSNS情報で知っている私は夫のリアクションをチェック。店員さんの「食べられる石はどれでしょう?」というプチクイズに、ジーっと観察したのち「これ!」と、端っこの石を指さしました(なんて天邪鬼な男!笑)。

でも間違うくらい本当にとってもリアル!実は真ん中の石が「インカの目覚め」というじゃがいも。夫も「えーっ!」とびっくりしていました。見た目の楽しさだけではなく、味も抜群!バターと砂紋に見立てられたお塩をつけていただきます。甘味が強くてとても美味しいです。

サツマイモのようなきれいな黄色!

エンターテインメント要素が満載!

続いて色鮮やかな「あやとりサラダ」をいただき、お椀で胃を温めたところで日本酒を注文。

この日は 店内にも桜が飾られ、まるでお花見気分。というわけでボトルに桜が描かれている 「みむろ杉 華きゅん」 という日本酒を注文。すると、たくさんの種類のお猪口から好きなお猪口を選ばせてもらえました!お猪口選びってなんでこんなにテンションが上がるんでしょうね。

お猪口選びはお店で飲む日本酒の醍醐味

「みむろ杉 華きゅん」と同時に、次のお料理の「先付八寸」が運ばれてきました。これまた可愛い!水引がおめでたい雰囲気を演出し、幸せな気分にしてくれます。少しずつ盛られた小鉢もお酒のアテにピッタリ。
「みむろ杉 華きゅん」 は濁り酒ですが、とても軽く爽やかな味わいで香りも芳醇。八寸にはチーズや生ハムなど洋風の小鉢があったのですが、それらとの相性が抜群で、白ワインのような飲み口。日本酒ビギナーの方にも飲みやすいお酒だと思います。

茅葺き屋根の家とウサギは上部が蓋になっていて
開けると料理が盛りつけられています

次は名物の「炉端串」!焼き台がくるっと回りしゃもじで串がサーブされます。まずは伊達鶏のもも串。あっつあつの串を頬張ると、ジューシーな旨味と滴り落ちる鶏脂が口いっぱいに広がり、もう幸せ。追加注文しようか迷うほどでした。その後の胸肉はワサビでいただき、野菜串はシシトウでした。
目の前で丁寧に焼かれて、焼き手の方がすぐサーブしてくれるので熱々でいただくことができます。しゃもじでのサーブは何度されても、受け取るのが楽しくて他のお客さんもサーブされる度に写真を撮っていました。

旨味の塊です

お酒を飲みながら、焼き場を見ていると立派なステーキ肉が焼かれ始めました。鶏肉がこんなに ジューシーになる炭火。ステーキ肉もさぞかし美味しく焼けるんだろうなあと期待が高まります。

待ってました~!A5ランク黒毛和牛!

お肉が焼けるのを待つ間、これまたお花見気分を味わえそうな「日置桜」を注文。こちらのお酒は、注がれたばかりで冷えている時は、とても純米酒とは思えないようなキレイな飲み口でスイスイ入っていきますが、時間が経つと共にどんどん変化し、濃い味に合うthe純米酒な味わいになりました。お猪口もまた選ばせてもらったのですが、さっきとは種類がすべて違うお猪口から選ばせてくれました。こういうちょっとした心遣いが嬉しいです。

次は富士山と梅のお猪口

そしてやってきました!コースのメイン料理「黒毛和牛ステーキ」!
本日のお肉は宮城県産のA5ランクのお肉だそうです。ステーキというと武骨でシンプルなイメージですが、まるでお刺身の盛り合わせのような繊細な盛り付けで運ばれてきました。美しい見た目に思わず2人で拍手。

夫のお皿はブルーでした!色違いって嬉しい

焼き加減は絶妙で、もう見るだけで美味しい状態です。まずはそのまま一切れをパクリ。
ん~~~~~!と思わず2人で顔を見合わせました。
いいお肉独特のとろける脂、炉端焼きならではの香ばしい風味、ほんのり塩味が利いてそのままでもめちゃくちゃ美味しいです。お箸がどんどん進みます。
お肉は2、3切れかな?と思っていたら嬉しいことになんとその倍以上の量!ワサビ、ポン酢、辛口西京味噌で味を変えながら楽しむことができるので、たくさんのお肉を飽きずに最後まで美味しく食べられます。

辛口西京味噌との相性が個人的に大ヒット!

美味しい黒毛和牛の余韻に浸っていると、次に運ばれて来たのは「蟹味噌甲羅焼き」。「日置桜」と抜群の相性の良さです。
一人一甲羅(?)なので取り合いになりません( 笑 )! 自分のペースでチマチマと楽しむことができます。

日本酒の友

富士山のランチョンマットと富士山のお猪口

まったりと蟹味噌を楽しんだ後は、いよいよ締めの握り寿司が運ばれてきました。なんと和牛の握りも!炙り具合がいい塩梅です。ネタが大きくて食べ応えのあるお寿司です。魚の握りもとても美味しいです。

デザートは黒ゴマプリン。こちらは上品な甘さで、お茶と一緒に食べるとホッとするお味です。余程美味しかったのか、夫は3口くらいで食べきっていました(笑)。

これで2人前です

升に入って見た目もオシャレなデザート

お腹も心も満たされました

しっかりとしたコース内容に加え、ゆっくりとお酒をいただいたのでお腹がいっぱいになりました。食事の量は男性もかなり満足できる量だと思います。

アッと驚く仕掛けが満載で、食事は抜群に美味しく、スタッフの皆さんは丁寧な接客をしてくださるので、デートはもちろんのこと、仕事の接待や家族との食事会など、とても使い勝手が良さそうだなぁという印象を受けました。

どのスタッフさんも気持ちのいい接客です

夫婦揃って素敵な時間を過ごすことができ、また来たいと心から思える居酒屋でした。

お江戸あやとり公式サイトはコチラ

TEL
03-6380-2632
営業時間
17:00~23:00
住所
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目18−9 WaMall歌舞伎町 6F

 

柴犬の中身は爪楊枝

ファイブグループの採用、始まってます

ファイブグループ公式採用サイトボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEでシェアする

人気のキーワード

人気記事

  • 看板娘リレー

新着記事