Hi-Five web(ハイファイ) > ヒト > ワークスタイルインタビュー > 自分次第で、働き方は変えられる。(企画マーケティング部 部長 家中慶太)

自分次第で、働き方は変えられる。(企画マーケティング部 部長 家中慶太)

ファイブグループには、仕事と子育てを両立しながら働いている仲間も多くいます。企画マーケティング部で部長を務めている家中もその一人。今回は、仕事と家庭とを両立しながらファイブグループではどのような働き方が実現できるのか、そのワークライフバランスにフォーカスしたインタビューを実施しました。

※第1回はこちらから!

【インタビュー対象者紹介】
家中慶太。36歳。2008年入社。現在は、企画マーケティング部の部長と共に、コーポレートコミュニケーション部の部長も兼任。休日には、6歳になる双子の娘と、公園へと遊びに出掛けることが習慣になっている。

全社的な視点からのマーケティングやブランディングを担う

編集部

まずは家中さんの現在のお仕事の概要から教えていただけますか?

家中

現在は企画マーケティング部とコーポレートコミュニケーション部の2部署を兼任する部長職に就いています。職務領域としては、それぞれが重なる部分もあるんですが、全社的な視点からのマーケティングやブランディングになりますね。

編集部

日々の職務としては、どういったお仕事内容になりますか?

家中

日々の職務としては、飲食店の集客・販売促進という面で、ネット集客やメディア管理、またその分析など。その他、販促費のコスト管理の部分も大きいです。あとは、全社のクリエイティブ面も担っているので、各業態のメニューやPOP、ポスターなどの販促ツールをはじめ、Webバナーの制作なども請け負っています。

編集部

とってもお忙しそうです……。日々のお仕事の中で、大変だなと感じることはどんなことがありますか?

家中

現場の人たちに、アドバイスの内容というか、マーケティングの意図が理解されにくいことですね。やっぱり、店舗の人は目の前のお客さんを喜ばせるとか、人と触れ合うってことに注力している部分が大きいんです。なので、「店頭でビラを配る確率よりも~」みたいな理詰めの話し方をしてしまうと、距離を感じさせてしまう。どうすればお店の方に伝わるような分析と提案ができるかは、いつも悩みますし、大変な部分かなと感じています。

仕事とプライベートを切り分けなくていい時代

編集部

兼任部長として毎日忙しい家中さんですが、私生活ではお子さま二人のパパなんですよね?

家中

そうです。双子の女の子。めっちゃ可愛いですよ(笑)

編集部

ご家族と過ごす時間は確保できていますか?

家中

平日はやっぱり難しい部分もありますが、逆に週末はしっかり休めるので、ずっと子どもと過ごしています。一緒に勉強したり、公園に行ったりしますね。

編集部

そうなんですね! 少し意外というか、家中さんのポジションだと、土日も仕事をしなければならないことが少なからずあるのかと思っていました。

家中

結婚したのが30歳の時なんですけど、結婚して、子どもができてからは、休日出勤をすることはまずありません。仕事はするにはするんですけど、休日の場合は、全部スマホで完結できるように工夫しています。

編集部

例えばどんな工夫ですか?

家中

データは必ずクラウド上にアップロードしておいて、どの端末からもアクセスできるようにしておくとかですね。

編集部

なるほど! 確かに、そういったシステムをうまく利用すれば、会社にいなくても仕事はできてしまう時代ですもんね。

家中

そうです。だから文句はないでしょっていうのもあります(笑)。僕自身、プライベートと仕事とを切り分けたくない人間なんですよ。子育てだけに限った話じゃなくて、「休みがなかなか取れない」って悩んでいる人とかも、今後はそういう働き方をしていけるようになればいいんじゃないかなと思ってます。

理想の働き方は、努力次第で得られる環境

編集部

ちなみに、先ほどの話にも繋がるんですが、ファイブグループという会社自体、ワークライフバランスはとりやすい環境だと感じていますか?

家中

僕自身は、めちゃくちゃバランスを取りやすい会社だと思っています。

編集部

その心は。

家中

ファイブグループは、やるべき仕事に対して、その方法やルールというのがほとんどない。つまり、仕事の方法やプロセスを個々人が決められる会社なんですよ。わかりやすく言うと、「何時間働いてください」って指示がある場合はあっても、「何時間をこうやって使いなさい」という指示はありません。言い換えれば、それを、「何時間ただひたすら決められた店舗業務をしなきゃいけない」って思い込んでしまう人が多いのが問題なんですよね。

編集部

なるほど。素朴な疑問なんですが、家中さんのポジションだからそういった働き方が可能になっている、ということは無いですか?

家中

そんなことは無いですよ。実際にそれを理解しているかどうかと、実現したい働き方に対して努力しているかどうかがポイントだと思います。実際に、そこに意志と目的がある人は、フレキシブルな働き方を実現しています。もちろん、僕や事務職の人間に限らずです。

編集部

ちなみに、努力というのは具体的にどういったものが必要だとお考えですか?

家中

最近特に思うのは、コミュニケーションがちゃんと取れるかどうかですね。部署を限らず、「どうせダメだ」「どうせ変わらない」と思ってコミュニケーションを取ろうとしない人では、当然環境を変えることはできないと思います。

編集部

自分の実現したいことをしっかり発信すべきだと。

家中

はい。「ダメかもしれない」と思っても、とりあえず言ってみるのが大切だと思います。その一歩目のコミュニケーションが取れない人だったら、どれだけベテランであっても、新人であっても、自分の思う理想の働き方は実現できないでしょう。逆に、自分はそれができる人間だなって思う人にとっては、間違いなく働きやすい環境だと思います。

編集部

ちなみに、ファイブグループの福利厚生として、仕事と私生活とを両立するために便利な制度というのは何がありますか?

家中

もちろん有給休暇もありますし、その他、年に1回記念日に休める「アニバーサリー休暇制度」などの休暇制度もありますよ。

編集部

家中さんも実際に利用されていますか?

家中

有休は全部使ってます。子どもの保育参観、運動会、クリスマス会などに使ってますね(笑)。その他、卒園アルバムの制作委員会に入っていたりもするので、その活動に使うことも。まあ、これは趣味と実益兼ねて、みたいなところがありますけど(笑)

編集部

会社制度を上手に利用して、子育てにも活かされているんですね。

ファイブグループにサラリーマンは要らない

編集部

最後のご質問になるんですが。家中さんの視点から、ファイブグループで活躍できる人はどんな人だと思いますか?

家中

一番は、いい意味で会社を利用しようと思ってる人……というと語弊があるかもしれないですけど、会社のニーズを理解して、自分のウォンツと照らし合わせることが出来る人だと思います。

編集部

と言いますと?

家中

会社としては、“楽しい!で繋がる世界を作る”というミッションのもと、サービス業として、「お客さんの”また来たい”と感じて頂けるお店」や「仲間が”また明日も働きたい”と思えるお店」を一緒に創っていける人と働きたいという具体的なニーズがあります。そこに対して、「将来自分は飲食店を持ちたい!」とか、「自分の料理でたくさんのお客さんが喜ぶ姿がみたい!」のようなウォンツを照らし合わせて、ファイブグループの店舗運営を利用しながら成長していける人であれば、活躍できるでしょう。

編集部

なるほど。さきほどのお話とも繋がります。

家中

そういう意味では、受け身になって仕事をするだけのサラリーマンは活躍できない会社と言えるかもしれません。会社としても、そういう人間は求めていないと思います。

編集部

痛烈ですね。

家中

そもそも、自分で考えて行動に移せる人はサラリーマンにはならないと思うので。「どう生きたい」とか「こうなりたい」っていう意志を持って、自分の人生を生きていきたい人であれば、ファイブグループはとても向いてる会社じゃないかと思います。

株式会社ファイブグループで働く人を伝えるオウンドメディア「ハイファイ」です。スタッフ紹介や社内での出来事、採用求人情報を中心にお届けします。

一緒に”楽しい”を追求したい方、募集中です!

新卒採用 キャリア採用

Author Profile

HiFi編集部

Hi-Five webはファイブグループで働く『ヒト』を中心に、 インタビュー記事やお店、会社のイベントや制度までもお届けするウェブマガジンです。 もちろんお店に関することやフレッシュなニュースも発信しています。 お見逃しなく!