• facebook
  • Twitter
  • instagram

2019年11月7日

F-1GP2019 年間アルバイトMVP!【3】〜「串カツ田中 代々木店」三部 真由美さん〜

年に1回の「また来たい」No.1を決める祭典、F-1GRAND PRIX(以下F-1グランプリ)が今年も開催されました。F-1グランプリ2019では、店舗ごとに毎日MVPを選出し、月ごとに業態別No.1に輝いたスタッフには金一封ボーナスを実施!年間で最も多く業態別月間MVPに選ばれたアルバイトさんが、年間MVPとしてF-1グランプリ成果発表会にて表彰されました!年間アルバイトMVPに選ばれた「串カツ田中 代々木店」(以下、代々木店)三部真由美さんのコメントをご紹介します!

お店の雰囲気に魅せられて働き始めた

串カツ田中 代々木店で働き始めたきっかけは、お客さんとして友達とお店に来たからなんです。「楽しそうに働いているなぁ」って思って、その場で当時の店長さんに「アルバイト募集していませんか?」って聞いてみて。そうしたら「募集しているよ!」って言われて、すぐに応募して働き始めました。

代々木店はスタッフがあまり多くないけど、その分、いつも一緒に働いているので、毎日みんな一緒にいる感じなんです。仲が良いから、お店が終わった後に、飲みに行ったりするのが、楽しいですね。

お店の平和を守っていきたい

お店で働いている時にいつも、心がけていることは「仕事中は笑顔でいる」こと。プライベートで嫌なことがあっても、とりあえずは仕事中は笑顔でいようと。自分が笑顔でいたら、相手も笑顔になってくれると思うんです。代々木店に来てくださった、多くのお客さんに笑顔になっていただきたいから、自分が笑顔でいることを心がけています。

あとキッチンとホールで緊張感が高くなるときがあるんですけど、そういう時も顔に出さないように意識しています。キツイ言い方をされてしまった時に、気にはなりますけど普通にしている。そうすることで、営業中もお店の平和を守っていきたいです。金曜日の夜とか、特に(笑)

あなたの頑張りを、見てくれている人はきっといる

学生時代に始め、卒業後も続けているこのバイトも、3年目になります。学生からフリーターになったときに、働くことに対する意識も、『アルバイト』から『仕事』に切り替わって、ふわっとしていたところから、代々木店の看板娘になりたくて一年間頑張ってきた結果が、MVPという形になってとても嬉しいです。

私は元々、そんなに仕事ができるタイプじゃない。でも、自分がやれることを一生懸命やってきて、MVPに選んでいただけたので、仕事できる・できない、関係なく、自分ができることを全力でやってさえいれば、その頑張りを見てくれる人はいるんだと実感しています。だから、自分ができることを一生懸命やればいいんだと思います。

 

  • facebook
  • Twitter
  • instagram